新潟で商談会、マレーシアのバイヤー招待 ジェトロが燕三条地域で

日本貿易振興機構(ジェトロ)は24日から28日までの日程で、マレーシアとシンガポールのバイヤーら11人を新潟県燕市及び三条市に招いて交流会や商談会を開催する。マレーシアの国営ベルナマ通信も招待された。

エマージング・マーケット 東南アジア
日本貿易振興機構(ジェトロ)は24日から28日までの日程で、マレーシアとシンガポールのバイヤーら11人を新潟県燕市及び三条市に招いて交流会や商談会を開催する。マレーシアの国営ベルナマ通信も招待された。

燕市と三条市は地域・社会全体の活性化を図っており、今回のイベントは地域貢献プロジェクトの一環。

25日の展示会では包丁メーカー、タダフサがマレーシアやシンガポール市場への輸出開始に向けてアピールした。また、理美容ハサミの製造を手掛ける山村製作所は、現在はシンガポールのエージェントを通じて販売しているが、今後は支店を設立し販売後のサービスの充実を図る計画だと明らかにした。

ジェトロは燕三条地域の関係機関と連携し、「デザイン」を切り口に東南アジアや欧州の人々に地場のキッチンツール、工芸品、日用品などに触れてもらい、3年計画で、現地ショップとの共同開発、学生との人材交流、燕三条製品のファン作り、輸出の拡大など、多角的なビジネス交流を生み出すことを目指す。

今年7月から12月にかけては課題の抽出や解決に向けた勉強会の開催、3月には燕三条産業振興センターが出店する、シンガポールにおける展示会「メゾン・エ・オブジェ・アジア」に関するバイヤー集めなどの商談支援を行う。商談支援やフォローアップは燕三条地場産業振興センターのシンガポール事務所とジェトロが協力して実施する。

2017年にはジェトロのサービスや専門家の知見を動員し、個別企業ごとのサクセスストーリーを作成する計画だ。
千田真理子

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース