【東京おもちゃショー15】アナログ感が新しい!? 「ガチャン」で吹っ飛ばすホットウィール

自動車 ビジネス 国内マーケット
ホットウィールを走らせて楽しむ“新コース”が展示された(東京おもちゃショー2015)
  • ホットウィールを走らせて楽しむ“新コース”が展示された(東京おもちゃショー2015)
  • ホットウィールを走らせて楽しむ“新コース”が展示された(東京おもちゃショー2015)
  • ホットウィールを走らせて楽しむ“新コース”が展示された(東京おもちゃショー2015)
  • ホットウィールを走らせて楽しむ“新コース”が展示された(東京おもちゃショー2015)
  • ホットウィールを走らせて楽しむ“新コース”が展示された(東京おもちゃショー2015)
  • ホットウィールを走らせて楽しむ“新コース”が展示された(東京おもちゃショー2015)
  • ホットウィールを走らせて楽しむ“新コース”が展示された(東京おもちゃショー2015)
  • ホットウィールを走らせて楽しむ“新コース”が展示された(東京おもちゃショー2015)
マテルは、東京おもちゃショー2015(東京ビッグサイト、6月18~21日)で、ダイキャストカー『ホットウィール』の新しい遊び方を提案。8月発売の「ダブルループアタック」を先行展示し、従来のミニカーとは違った「ミニカーを吹っ飛ばす快感」を紹介した。

この「ダブルループアタック トラックセット」(3500円)は、2人で競い合う“腕力勝負”のレールセット。スタートと同時にガチャンとレバーを押すと、その力でホットウィールが飛び出し、ループを1周。コース上を駆けるクルマは最後にレールから放り出され、そのジャンプ距離を競いあう。

また、7月発売の「メガサービスステーション」と「10イン1トラックセット」を組み合わせた“自由落下+曲芸”のコース構成や、9月発売の自動リフトアップ機能が付く「オートリフトスピードウェイ」も展示された。

どれも日本のたたみ一畳ぶんの広さで楽しめるもの。同社担当者は、「日本の住宅事情やミニカー志向にあわせたコースを初めて提案。市販車、2輪車、飛行機、レースカー、映画キャラなど、カテゴリにとらわれないホットウィールの、“よく転がる速い走り”とアナログなアトラクションで楽しんで」と話していた。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

  • トミカ新春バージョン「紅白福々トミカ」発売…ひつじ、獅子舞、福助など 画像 トミカ新春バージョン「紅白福々トミカ」発売…ひつじ、獅子舞、福助など
  • 【東京おもちゃショー14】キッズものめりこんでOKなドラッグレース 画像 【東京おもちゃショー14】キッズものめりこんでOKなドラッグレース
  • 【第54回静岡ホビーショー】少量生産、高品質化が主流に…ミニカー最新事情 画像 【第54回静岡ホビーショー】少量生産、高品質化が主流に…ミニカー最新事情
  • 最高速度750km/h !? …セガから、空気が燃料の爆音ミニカー 画像 最高速度750km/h !? …セガから、空気が燃料の爆音ミニカー

特集