交通系ICカードの電子マネー、利用件数が1億2000件突破

鉄道 企業動向
全国相互利用サービス対応の交通系ICカードの電子マネー利用件数が、今年5月に1億2000万件を初めて突破した。
  • 全国相互利用サービス対応の交通系ICカードの電子マネー利用件数が、今年5月に1億2000万件を初めて突破した。
  • 1カ月ごとの利用件数の推移。2014年7月の1億1000万件突破から10カ月で1億2000万件を突破した。
全国相互利用サービス対応の交通系ICカードを発行しているJR東日本など10社局は6月4日、1カ月あたりの電子マネー利用件数が初めて1億2000万件を超えたと発表した。

10社局の発表によると、電子マネー相互利用の対象外となっているPiTaPaを除くKitaca・PASMO・Suica・manaca・TOICA・ICOCA・はやかけん・nimoca・SUGOCAの電子マネー利用件数は、2011年5月の時点で6162万件。2013年7月に1億件、2014年7月に1億1000件をそれぞれ超え、今年5月には1億2073万件になった。

10社局は「今後もご利用可能箇所の拡大を図るなど、より一層、利便性を向上させることによりまして、お客さまのご期待にお応えしてまいります」としている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 近鉄、8月1日までに志摩線と西信貴ケーブルにICカード導入 画像 近鉄、8月1日までに志摩線と西信貴ケーブルにICカード導入
  • リニモのICカード導入、来春に 画像 リニモのICカード導入、来春に
  • JR東日本、「1円単位」の電子マネー専用自販機を5月以降も展開 画像 JR東日本、「1円単位」の電子マネー専用自販機を5月以降も展開
  • 交通系ICカードの普及・利便性拡大へ検討開始 画像 交通系ICカードの普及・利便性拡大へ検討開始
  • あいの風とやま鉄道、3月26日からICカード「ICOCA」導入 画像 あいの風とやま鉄道、3月26日からICカード「ICOCA」導入

特集