グッドイヤー、次世代シリカをタイヤに採用

自動車 ビジネス 企業動向

米国のタイヤ製造大手、グッドイヤー・タイヤ&ラバー(以下、グッドイヤー)は5月5日、タイヤの原料として次世代シリカの採用を開始した、と発表した。

次世代シリカは、グッドイヤーの「EfficientGrip SUV」タイヤに導入される予定。タイヤの燃費効率を引き上げる目的で採用される。

EfficientGrip SUVタイヤの次世代シリカは、新しいトレッドコンパウンドと新たなトレッドパターンに使用。グッドイヤーによると、転がり抵抗を減らし、濡れた路面でのトラクション性能を向上させる効果があるという。

グッドイヤーは、この次世代シリカを使ったEfficientGrip SUVタイヤを、まずは南米で発売。今後、数年以内に、他の市場にも投入していく。

グッドイヤーのグローバル素材担当、David Zanzig氏は、「世界中の顧客が、より燃費効率に優れるタイヤを求めている」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集