トヨタ、今期営業利益は3期連続最高の2兆8000億円

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車本社
  • トヨタ自動車本社
  • トヨタ自動車の豊田章男社長
トヨタ自動車は5月8日、2015年3月期決算と今期(16年3月期)の業績予想を発表した。今期の連結営業利益は、北米販売の伸びなどにより前期比2%増の2兆8000億円と3期連続の最高を見込んでいる。

今期の連結世界販売は1%減の890万台と横ばい程度を計画した。日本やアジアなどは減少するものの、北米は4%増の283万台と堅調を持続する。営業損益段階では粗利の改善など販売面の努力で1600億円の増益効果を見込む。為替は1ドル115円、1ユーロ125円を前提にしたが、新興国通貨安の影響で全体では450億円の減益要因になる。

純利益は4%増の2兆2500億円の予想で、これも3期連続で最高を更新する。豊田章男社長は記者会見で「今年はトヨタが持続的成長に向けた歩みを着実に踏み出せるか、大きな分岐点になる。力を合わせて人材育成など真の競争力向上に取り組みたい」と述べた。

15年3月期は営業利益が20.0%増の2兆7505億円、純利益が19.2%増の2兆1733億円となり、いずれも2期続けて最高を更新した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集