【ニューヨークモーターショー15】マクラーレン、「570S」発表…V8ツインターボは570ps

自動車 ニューモデル 新型車
マクラーレン 570Sクーペ
  • マクラーレン 570Sクーペ
  • マクラーレン 570Sクーペ
  • マクラーレン 570Sクーペ
  • マクラーレン 570Sクーペ
  • マクラーレン 570Sクーペ
  • マクラーレン 570Sクーペ
  • マクラーレン 570Sクーペ
  • マクラーレン 570Sクーペ
英国のスーパーカーメーカー、マクラーレンオートモーティブは3月31日、マクラーレン『570Sクーペ』の概要を明らかにした。実車は4月1日、米国で開幕するニューヨークモーターショー15で初公開される。

570Sクーペは、「スポーツ・シリーズ」の第一弾。マクラーレンオートモーティブの新たな入門車で、『650S』の下に位置づけ。『P1』や650Sがスーパーカーセグメントに属するのに対して、570Sクーペは、マクレーレン初のスポーツカーセグメント車となる。

ミッドシップに搭載されるエンジンは、650S用の3.8リットルV型8気筒ツインターボを、専用チューンした「M838TE」型ユニット。部品の30%を、570Sクーペ専用設計とした。

最大出力は570ps/7400rpm、最大トルクは61.2kgm/5000-6500rpm。トランスミッションは、7速「SSG」。乾燥重量は1313kgと軽量に抑えられ、0-100km/h加速3.2秒、最高速328km/hの優れたパフォーマンスを実現する。

570Sクーペのボディサイズは、全長4530mm、全幅2095mm、全高1202mm。室内は2シーターで、カーボンファイバー製のシャシーを採用する。F1のノウハウも応用し、エアロダイナミクス性能を追求している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集