スタートゴールは姫路城…クラシックカーラリー、第1回 コッパディ姫路 開催

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

姫路城大手門に勢ぞろいした参加者達。ランボルギーニ カウンタックLP400(左)と、デ・トマソ マングスタ
  • 姫路城大手門に勢ぞろいした参加者達。ランボルギーニ カウンタックLP400(左)と、デ・トマソ マングスタ
  • 1号車のエルミニ 1500Sがスタート
  • アルファロメオ ジュニアZ
  • ブガッティ T13ブレシア
  • スタンゲリーニ 750S
  • レンハムGTO
  • ジャガー XK-E Sr-1
  • 続々と龍野クラシックゴルフ倶楽部に到着する参加者。先頭はランボルギーニ ミウラ。続いてフェラーリ 308GTS QV
コッパディ姫路実行委員会が主催する“第1回 コッパディ姫路”が、3月7日、姫路城(兵庫県姫路市)をスタートした。姫路市内の指定されたコースを走行したクラシックカーは、淡路島へ渡り一泊。8日は、セントラルサーキットを走行した後、姫路城へ。

このクラシックカーイベントは、ユネスコの世界遺産に指定された姫路城の、“平成の大修理”を終えたことを記念し開催された。

1980年以前に生産されたクルマが参加資格を持つこのイベントは、当初70台ほどの規模で開催を予定していた。しかし、いざ募集を開始すると予想をはるかに上回るエントリーがあり、最終的には99台が参加した。実際の参加者の多くは地元周辺だが、中には九州や関東からもエントリーがあった。

残念ながら当日は雨に見舞われたものの、古くは1925年のブガッティT13ブレシアから、ランボルギーニ『カウンタック』といったスーパーカーが会場となる姫路城の玄関口、大手前公園に集合。訪れた見学者を喜ばせていた。

1号車となるエルミニ『1500S』が10時に会場をスタート。2号車以降も続々と大手前公園を後にし、そうめんの里や龍野クラシックゴルフ倶楽部(どちらも兵庫県たつの市)を経由し、淡路島の震災記念公園(兵庫県淡路市)へ向かう229kmの旅路へスタートした。

翌日は宿泊地である淡路島を朝8時に出立。セントラルサーキット(兵庫県多可郡)でサーキット走行を楽しんだ後、市川町文化センター(兵庫県神崎郡)などを経由し再び姫路城大手前公園にてゴールとなった。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集