天竜浜名湖鉄道、3月14日ダイヤ改正で新駅開業

鉄道 企業動向
天竜浜名湖鉄道は3月14日にダイヤ改正を実施。一部の列車で所要時間を短縮するほか、新駅も開業する。
  • 天竜浜名湖鉄道は3月14日にダイヤ改正を実施。一部の列車で所要時間を短縮するほか、新駅も開業する。
掛川(静岡県掛川市)~天竜二俣(浜松市天竜区)~新所原(湖西市)間67.7kmの天竜浜名湖線を運営する天竜浜名湖鉄道は3月14日、ダイヤ改正を実施する。所要時間を短縮するほか、新駅の設置や駅名の変更を行う。

今回の改正では遠州森~円田間に森町病院前駅を新設。信号システムも改良し、一部の列車で所要時間を1~7分短縮する。また、気賀・引佐・三ヶ日各高校が統合され、金指駅に近い現在の引佐高校に静岡県立浜名湖北高等学校が新設されることから、気賀高校の最寄駅である気賀高校前駅が「岡地駅」に改称される。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース