JAL、国際線のWi-Fi接続サービスを順次拡大

航空 企業動向
JAL SKY Wi-Fiサービス ロゴ
  • JAL SKY Wi-Fiサービス ロゴ
日本航空(JAL)は、3月3日から国際線機内インターネット接続サービス「JAL SKY Wi-Fi」をボーイング『767-300ER』『787-8』に順次導入すると発表した。

同社では、『777-300ER』で、2012年7月から「JAL SKY Wi-Fi」サービスを開始している。今後、767-300ERで2015年内に9機、787-8で2015年内に3機をはじめ、2016年も順次導入していく。

また、対象路線は欧米路線、長距離アジア路線が中心となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • JAL、787-9型機の導入を2015年度から開始、777型機と767型機は退役 画像 JAL、787-9型機の導入を2015年度から開始、777型機と767型機は退役
  • JAL、定時到着率がアジア・パシフィックの航空会社でトップ…2014年 画像 JAL、定時到着率がアジア・パシフィックの航空会社でトップ…2014年
  • JAL、ボーイング787-9 スカイスイート仕様を成田~ジャカルタ線に投入 画像 JAL、ボーイング787-9 スカイスイート仕様を成田~ジャカルタ線に投入
  • JAL機長が語る「B777のコックピット」…遅れて立ち上がるスポイラーの“役目”[フォトレポート] 画像 JAL機長が語る「B777のコックピット」…遅れて立ち上がるスポイラーの“役目”[フォトレポート]

特集