JAL、国際線のWi-Fi接続サービスを順次拡大

航空 企業動向

JAL SKY Wi-Fiサービス ロゴ
  • JAL SKY Wi-Fiサービス ロゴ
日本航空(JAL)は、3月3日から国際線機内インターネット接続サービス「JAL SKY Wi-Fi」をボーイング『767-300ER』『787-8』に順次導入すると発表した。

同社では、『777-300ER』で、2012年7月から「JAL SKY Wi-Fi」サービスを開始している。今後、767-300ERで2015年内に9機、787-8で2015年内に3機をはじめ、2016年も順次導入していく。

また、対象路線は欧米路線、長距離アジア路線が中心となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集