広電宮島線の鈴峯女子大前駅、校名変更で改称

鉄道 企業動向
広島電鉄は4月1日、鈴峯女子大前駅(広島市西区)の名称を「修大附属鈴峯前(しゅうだいふぞくすずがみねまえ)」に変更する。駅の移設や運賃の変更などは行わない。

鈴峯女子大前駅は、宮島線の井口~広電五日市間にある駅。駅の北側には鈴峯女子短期大学と鈴峯女子中学校、鈴峯女子高等学校がある。これらの学校を経営する学校法人鈴峯学園は4月1日、広島修道大学などを経営する修道学園と合併する予定。今年1月6日には、修道学園を存続法人として合併することが認可された。

これに伴い鈴峯女子短期大学は募集を停止し、在校生がいなくなった時点で廃止される見込み。一方、鈴峯女子中学校と鈴峯女子高等学校は、それぞれ「広島修道大学附属鈴峯女子中学校」「広島修道大学附属鈴峯女子高等学校」に改称される。これを受けて広島電鉄は、鈴峯女子大前駅を「修大附属鈴峯前」に改称することにした。
《草町義和》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース