名鉄、新型電気機関車を2両導入

鉄道 企業動向
東芝がこのほど名鉄に納入したEL120形電気機関車。東芝が民鉄向け機関車を納入するのは約70年ぶりになる。
  • 東芝がこのほど名鉄に納入したEL120形電気機関車。東芝が民鉄向け機関車を納入するのは約70年ぶりになる。
東芝は2月16日、名古屋鉄道(名鉄)にEL120形電気機関車を2両納入したと発表した。東芝が民鉄に機関車を納入するのは約45年ぶりになるという。

EL120形は、EL600形(1943年東芝製)の置換用として製造された、新型の直流電気機関車。形式名は名鉄の創業120周年にちなんでいる。車体中央に運転台を設けた凸型のEL600形に対し、EL120形は箱形車体を採用。車体の両端に運転台を設けている。塗装は名鉄電車と同じスカーレットレッド色をベースとし、ステンレス帯を入れている。

電機品などの据付方法は通常、電車と電気機関車で異なるが、EL120形は電車の床下つり構造を応用することで小型化を図り、運転操作なども電車との共通化を図っているという。

東芝は今回の納入について、約30年に渡るJR貨物への機関車納入の実績と、電車との機器共通化の提案が評価され、受注に至ったとしている。名鉄は主に保線作業での砕石・レール運搬用としてEL120形を使用する予定だ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 名鉄、知立駅ホームを一部仮設化…高架化工事の一環 画像 名鉄、知立駅ホームを一部仮設化…高架化工事の一環
  • 名鉄、空港線10周年イベントを実施…記念列車も運転 画像 名鉄、空港線10周年イベントを実施…記念列車も運転
  • 東芝、回生電力貯蔵装置を東武鉄道に納入 画像 東芝、回生電力貯蔵装置を東武鉄道に納入
  • 流線型電機のEF55、鉄道博物館で展示へ 画像 流線型電機のEF55、鉄道博物館で展示へ
  • 鉄道博物館、EF66の運転室を公開…3月23日まで 画像 鉄道博物館、EF66の運転室を公開…3月23日まで

特集