【シカゴモーターショー15】日産 フェアレディZ ロードスター、NISMO コンセプトを初公開

自動車 ニューモデル 新型車
日産 370Z(フェアレディZ)のNISMO ロードスター コンセプト
  • 日産 370Z(フェアレディZ)のNISMO ロードスター コンセプト
  • 日産 370Z(フェアレディZ)のNISMO ロードスター コンセプト
  • 日産 370Z(フェアレディZ)のNISMO ロードスター コンセプト
  • 日産 370Z(フェアレディZ)のNISMO ロードスター コンセプト
  • 日産 370Z(フェアレディZ)のNISMO ロードスター コンセプト
  • 日産 370Z(フェアレディZ)のNISMO ロードスター コンセプト
  • 日産 370Z(フェアレディZ)のNISMO ロードスター コンセプト
  • 日産 370Z(フェアレディZ)のNISMO ロードスター コンセプト
日産自動車の米国法人、北米日産は2月12日、米国で開幕したシカゴモーターショー15において、『370Z』(日本名:『フェアレディZ』)の「NISMO ロードスター コンセプト」を初公開した。

同車は、『フェアレディZ ロードスター』のNISMOバージョンを示唆したコンセプトカー。すでに、日本市場向けの生産終了が発表されたフェアレディZ ロードスターだが、オープンカーの主力市場、米国では継続設定されている。

現行フェアレディZのNISMO仕様は、クーペボディに続くもの。フェアレディZ ロードスターのNISMO仕様は、現時点ではコンセプトカーとして披露された。

内外装は、クーペボディの2015年型NISMO仕様に準じる。空力性能を追求したエアロパーツを採用。赤いリップスポイラーが特徴のバンパーや、LEDデイタイムランニングライトを装備した。カーボンファイバー製のリアスポイラーは、ロードスター専用デザイン。室内には、レカロ製のバケットシートを装着する。

3.7リットルV型6気筒ガソリンエンジンは、最大出力を350hpへパワーアップ。足回りは、サスペンションやブレーキなどを強化している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 日産、フェアレディZ ロードスター の日本モデル生産中止を発表 画像 日産、フェアレディZ ロードスター の日本モデル生産中止を発表
  • 日産、フェアレディZ NISMO をマイナーチェンジ…エクステリアデザインを刷新 画像 日産、フェアレディZ NISMO をマイナーチェンジ…エクステリアデザインを刷新
  • 日産 GT-R NISMO、米国第一号車を納車…「まさにエキサイティング」 画像 日産 GT-R NISMO、米国第一号車を納車…「まさにエキサイティング」
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース