【マツダ ロードスターTHANKS DAY 2】「250~300万円、3グレード、1トン」…開発陣とファンの語らいの場で

自動車 ニューモデル 新型車

マツダR&Dセンター横浜で実施された「THANKS DAY in JAPAN 2nd」。会場で「価格は250~300万円程度、3つのグレード体系を設定し、車重は1トンを切るよう準備している」と伝えられた
  • マツダR&Dセンター横浜で実施された「THANKS DAY in JAPAN 2nd」。会場で「価格は250~300万円程度、3つのグレード体系を設定し、車重は1トンを切るよう準備している」と伝えられた
  • マツダR&Dセンター横浜で実施された「THANKS DAY in JAPAN 2nd」。会場で「価格は250~300万円程度、3つのグレード体系を設定し、車重は1トンを切るよう準備している」と伝えられた
  • エンジンまわりについてファンと語り合うマツダ商品企画部・中村幸雄氏(左)
  • 左からマツダ商品本部・山本修弘氏、デザイン本部・中山雅氏、商品企画部・中村幸雄氏
  • エンジンまわりについてファンと語り合うマツダ商品企画部・中村幸雄氏(左)
  • マツダR&Dセンター横浜で実施された「THANKS DAY in JAPAN 2nd」。会場で「価格は250~300万円程度、3つのグレード体系を設定し、車重は1トンを切るよう準備している」と伝えられた
  • マツダR&Dセンター横浜で実施された「THANKS DAY in JAPAN 2nd」。会場で「価格は250~300万円程度、3つのグレード体系を設定し、車重は1トンを切るよう準備している」と伝えられた
  • マツダR&Dセンター横浜で実施された「THANKS DAY in JAPAN 2nd」。会場で「価格は250~300万円程度、3つのグレード体系を設定し、車重は1トンを切るよう準備している」と伝えられた
マツダは2月11日、横浜市内のR&Dセンターで、新型ロードスター開発陣とファンが語り合う「THANKS DAY in JAPAN 2nd」を実施。熱心なファンに向けて「価格は250~300万円程度、3つのグレード体系を設定し、車重は1トンを切るよう準備している」と語った。

「ND(新型、4代目)にNR-Aは設定されるの?」「価格を教えてほしい」「アイドリングストップ機能は付くの?」…。集まったファンたちはこの日、実車に触れながら開発陣との雑談のひとときを楽しんだ。

なかには「もうNEは構想の中にある?」といった、開発陣が思わず苦笑いするような質問も飛び交った同イベント。同社は「まだ販売されていない段階から、ひとつの車種について開発陣とファンたちが語り合う場をつくるという試みは初めて」と話していた。

「THANKS DAY in JAPAN 2nd」は今後、大阪、静岡、愛知、横浜と1か月をかけて各地をめぐる。同イベントのようすは公式ホームページに順次公開される予定。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集