ヤマハ XVS950CUボルト に派生スポーティモデル登場「ボルト-C」

モーターサイクル 新型車
ヤマハXVS950CUボルト-C/(A)
  • ヤマハXVS950CUボルト-C/(A)
  • ヤマハXVS950CUボルト-C/(A)
  • ヤマハXVS950CUボルト-C/(A)
  • ヤマハXVS950CUボルト-C/(A)
ヤマハ発動機は、『XVS950CUボルト』をベースに、よりスポーティな外観に仕上げたバリエーションモデル『XVS950CUボルト-C』とABS装備の『XVS950CUボルト-C(A)』を、3月10日から発売する。

同社では、二輪車事業での新たな取り組みとして基本プラットフォームをベースにしたバリエーション展開の拡大を掲げている。新型車は、この取り組みの国内モデルへの展開第2弾となる。

「XVS950CUボルト-C」、「XVS950CUボルト-C(A)」は、「XVS950CUボルト」のプラットフォームをベースに、スポーティ走行向けのライディングポジションとするため、ハンドルとシート形状、フットレスト位置を変更した。クラシカルなイメージのフロントフォークブーツ採用した。

メーターと前フラッシャー位置も変更したほか、リザーブタンク付リアサスペンションを装備する。

販売計画は年間1200台で、価格は「XVS950CUボルト-C」が97万7400円、「XVS950CUボルト-C(A)」が102万8160円。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース