ホンダ、通期営業利益を7200億円に下方修正…リコール費用の増加など

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダ 岩村哲夫副社長(左)
  • ホンダ 岩村哲夫副社長(左)
ホンダは1月30日、2014年3月期の4-12月連結決算を発表するとともに、通期の利益予想を下方修正した。リコール費用の増加などによるもので、営業利益は従来比500億円減の7200億円(前期比4%減)とした

純利益は200億円少ない5450億円(5%)に修正した。会見した岩村哲夫副社長は北米などのリコール関連費用のほか「日本と中国の厳しい販売環境による売上台数減」も下方修正の要因と説明した。

四輪車の通期世界販売は、従来比で17万台下方修正の445万台(3%増)に見直した。修正のうち、見直し台数は日本が10万台、中国が6万台程度という。4-12月累計の営業利益は5397億円(前年同期比8%減)、純利益は4249億円(5%増)だった。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集