JAL、定時到着率がアジア・パシフィックの航空会社でトップ…2014年

航空 企業動向

FlightStatsの運航実績評価で、JALがアジア・パシフィック主要航空会社で1位
  • FlightStatsの運航実績評価で、JALがアジア・パシフィック主要航空会社で1位
日本航空(JAL)は、航空会社の定時到着率などを分析している米国のFlightStatsから、2014年(1-12月)の国内線と国際線を合わせた運航実績で、アジア・パシフィック主要航空会社部門1位に認定されたと発表した。

アジア・パシフィック主要航空会社は、アジア太平洋地域(アメリカ合衆国除く)を拠点とする航空会社が対象。今回、JALの2014年の国内線・国際線の定時性到着率が「87.78%」となり、アジア・パシフィックエリア1位となった。

JALグループでは2009年、2010年、2012年、2013年に続き、今回で3年連続、計5回目の受賞となった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集