三菱ふそう、全国サービス拠点の電気使用量削減で省エネ大賞受賞

自動車 ビジネス 企業動向

三菱ふそうトラック・バスは1月28日、販売サービス拠点における省エネ活動が2014年度「省エネ大賞」省エネルギーセンター会長賞(業務・輸送分野)を受賞したと発表した。

省エネ大賞は省エネルギーセンターが主催し、優れた省エネ活動事例や技術開発による先進型省エネ製品などを表彰。省エネルギー意識の浸透、省エネルギー製品の普及促進に寄与することを目的としている。

三菱ふそうでは、直系ディーラーネットワークとして全国194拠点の営業・整備体制を構築しており、約6000人の従業員が働いている。そのなかで、全拠点にて2010年度比電気使用量を5%削減する目標を設定し、エネルギーマネージメントシステム(EMS)、LED照明、太陽光発電のハードウェアを導入。節電コンテストなどのソフト面の活動を行ない、結果として2011年から2013年において全国で電気使用量原単位(電気使用量/整備売上)の12%削減を実現した。

同社の受賞は、2013年度「サプライチェーンにおけるCO2削減」の省エネ事例部門資源エネルギー庁長官賞、小型トラック「新型キャンター エコ ハイブリッド」の資源エネルギー庁長官賞受賞に続くもので、2年連続の受賞となる。
《成瀬雄太@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集