【オートモーティブワールド15】住友ベークライト、航空機の内装部品で世界制覇を目指す

自動車 ビジネス 企業動向

プラスチックのパイオニア、住友ベークライトは今回の「オートモーティブワールド2015」に航空機の内装部品を展示。この分野で世界制覇を目指すという。

そのきっかけになったのが、昨年4月に行った米国ヴォーベル社の買収だ。同社は世界で初めてプラスチック部品をボーイング社に納入した会社で、文字通り航空機内装樹脂部品のパイオニア的存在。それ以降もボーイング社の民間航空機すべてのプラットフォームに多くの成型部品やアッセンブリー部材を供給している。世界でも数少ないFAA(米国連邦航空局)の認定を受けた企業で、しかも、その認定を得るのに10年~20年もかかるそうだ。

「この買収で航空機事業の切符を買ったことになり、航空機の内装部品をほとんどすべて手がけられるようになった。しかも、このビジネスは改修などメンテナンスもあり、その部分が非常に大きなビジネスになっている。これからは自動車向けの材料も航空機向けに展開していきたい」と同社関係者は話す。

いずれにしても、住友ベークライトはヴォーベル社の買収によって、原料・素材から成型加工、塗装そしてアッセンブリーという幅広いソリューションを提供できる、世界でも類のない会社になった。これから世界に向けて大攻勢をかけていく方針で、まずは2月にハンブルグ(ドイツ)で行われる展示会で同社の製品を売り込んでいくそうだ。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集