小林可夢偉「まだどの契約書にもサインをしていない」…どうなる2015年

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

小林可夢偉
  • 小林可夢偉
  • 小林可夢偉
  • 「Wings for Life World Run」アンバサダーに就任した室屋義秀(左)、京谷和幸(中央下)、砂田貴裕(中央上)、小林可夢偉(右)
19日に都内で行われた「Wings for Life World Run」の日本会場アンバサダー就任発表に登場したレーシングドライバーの小林可夢偉。発表後の囲み取材で今シーズンのレース活動に関しての現状を語ってくれた。

昨年、ケータハムF1チームからF1復帰を果たした可夢偉だったが、後半になるに連れチームの財政状況は悪化。終盤戦はチーム自体が参戦できないという事態に陥った。2015年は各チームがすでにドライバーズラインナップを発表。レギュラー参戦継続は絶望的となっている。

これまでF1にこだわりを見せていた可夢偉だったが、昨年12月には国内最高峰のスーパーフォーミュラのテストにも参加。初めて乗るマシンでトップタイムを叩き出してみせた。その流れで同カテゴリーに参戦するのではないかという噂もあるが、可夢偉自身は「まだ何も決まっていない」という事を強調した。

「現状、本当に何も決まっていないし、どの契約書にもサインしていません。もちろん色々な話はあるけれど、自分が出来る最大限の力を発揮できる場所が、狙うべき場所だと思っているけど、そうじゃないのであればレースをする意味がない。自分の中でしっかりと整理した上で決めたいと思っています」

また2016年のF1復帰に関しては「もちろん諦めていないし、それを確実にするために何が出来るのかも模索している」とコメントした。

彼を日頃から応援してきたファンの方々にとっては、待ち遠しいニュースかもしれないが、正式発表が聞けるまでにはもう少し時間がかかりそうだ。
《吉田 知弘》

特集