ラブジョイ彗星の画像を公開、アルマ望遠鏡山麓施設で撮影

宇宙 科学

国立天文台は、アルマ望遠鏡山麓施設に出張した国立天文台スタッフが2014年12月31日に撮影したラブジョイ彗星をウェブサイト「アルマ通信」で公開した。

ラブジョイ彗星(C/2014Q2)は2014年8月にオーストラリアのアマチュア天文家ラブジョイ氏が発見した彗星。国立天文台によると、2015年1月30日に太陽に最接近する軌道を取っており、現在4等級前後まで明るくなっているとしている。

アルマ望遠鏡による観測は、スタッフが24時間の運用を3交代で担当している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集