エアバス、受注が1456機でボーイングを上回る…受注残は6386機で航空史上最大

航空 企業動向

エアバスA380
  • エアバスA380
  • エアバスA330-200F
エアバスが発表した2014年(1月-12月)の実績によると、航空会社など、89社に過去最高となる合計629機を納入した。

内訳は、A320ファミリーが490機、A330が108機、A380が30機、A350XWBが1機で、年間引き渡し機数は13年間連続で前年を上回った。

2014年の受注は、67社から合計1456機(純受注)を獲得し、過去2番目の受注機数を記録した。内訳は、単通路型機が1321機、ワイドボディ機が135機。

ボーイングの2014年の受注は1432機で、エアバスはこれを上回った。

2014年12月末時点のエアバス機の受注残数は航空史上最大となる6386機、金額ベースで9193億米ドルとなる。ボーイングの受注残は5789機で、これも上回っている。

エアバスでは、2014年末時点で、100座席以上の民間航空機市場でシェア50%以上となった。A330neoはローンチから6カ月で120機の受注を獲得した。

日本関係では、2014年は合計145機の受注を獲得した。内訳は、ANAホールディングスから30機、SMBCアビエーションキャピタルから115機を受注した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集