NTT、ダイバシティ・ナビゲーションの実現に向け東京駅周辺での実証実験に参画

自動車 ビジネス 企業動向

ダイバシティ・ナビゲーションに向けた技術実証
  • ダイバシティ・ナビゲーションに向けた技術実証
  • ソーシャル・バリアフリーマップ生成
  • パラメトリック地図技術によるナビゲーション
  • 画像認識技術の屋内測位への応用
  • NTT、ダイバシティ・ナビゲーションの実現に向け東京駅周辺での実証実験に参画
NTTは、車椅子やベビーカーで移動する人や高齢者、訪日外国人などの身近な移動を安心・便利にサポートする「ダイバシティ・ナビゲーション」をコンセプトとした研究開発を推進していく。

国土交通省は、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催時に高度な測位環境を活用した様々なサービスの実現を目指す「東京駅周辺高精度社会プロジェクト検討会」を設立。2015年1月下旬から、東京駅およびその周辺において、高精度な屋内測位を効率的に実現するため手法などを明らかにするための実証実験が行なわれる。

今回NTTは、同プロジェクトおよび実証実験に、東京駅周辺の鉄道やビル等の施設管理者等とともに参画する。NTTは、車椅子に付けた加速度センサなどから、段差や移動軌跡などの情報を取得・解析し、車椅子やベビーカー、歩行者などの移動を支援する「ソーシャル・バリアフリーマップ」を作成。また、画像認識技術を用いて、スマートフォンで看板など周辺を撮影することで、現在地を特定し、目的地へナビゲーションする技術の検証などを行う。

これまで、高精度の屋内位置情報を活用したナビゲーション等のサービス実現に向けては、屋内地図の整備・運用コストや、屋内測位技術の確立ならびにセンサなどの設置・運用コストといった課題があった。NTTでは、技術開発を推進し、低コストでの地図の作成や装置設置を伴わない測位の実現を目指していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集