【リコール】スバル サンバー 3万9886台、アクセルが戻らなくなるおそれ

自動車 ビジネス 企業動向

スバル・サンバー
  • スバル・サンバー
  • 改善箇所
富士重工業は1月15日、スバル『サンバー』のアクセルケーブルに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『サンバー』1車種で、2011年3月14日~12月21日に製造された計3万9886台。

アクセルケーブルにおいて、ライナー部にアルミナ粉が混入した等の原因により、インナーケーブルが早期に摩耗するものがある。そのため、インナーケーブルがほつれてライナー部に引っ掛かり、エンジン回転が下がらなくなるおそれがある。また、インナーケーブルが折損し、走行不能になるおそれがある。

同社では改善措置として、全車両、アクセルケーブルを新品と交換する。

不具合は38件発生、事故は起きていない。市場からの情報および国土交通省からの指摘により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品