【オートモーティブワールド15】古野電気、新開発のマルチGNSSチップ・モジュールなど国内初公開

自動車 ビジネス 企業動向

古野電気(オートモーティブワールド15)
  • 古野電気(オートモーティブワールド15)
  • 古野電気(オートモーティブワールド15)
  • 古野電気(オートモーティブワールド15)
  • 「eRideOPUS 7」受信チップ(左)と受信モジュール(右)のイメージ
  • 「GF-8701」の外観イメージ
  • 古野電気(オートモーティブワールド15)
  • 古野電気(オートモーティブワールド15)
古野電気は、1月14日~16日に東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催される第3回コネクティッド・カーEXPOに、新バージョンのマルチGNSSチップ・モジュールと、新開発のマルチGNSS基準周波数発生器を国内初公開すると発表した。

自律航法マルチGNSS受信モジュール「GV-87」は、デッドレコニング(自律航法)技術の進化により、GNSS測位では過酷な環境とされる高層ビル街で、誤差2.5メートルの超高精度を実現する。欧州の衛星測位システムである「Galileo E1B/E1C信号」受信に対応したマルチGNSS受信チップが「eRideOPUS6/7」、同モジュールが「GN-86/87」となる。

新開発のマルチGNSS基準周波数発生器「GF-87」シリーズは、今年4月に販売開始予定の基準周波数発生器。GPS、GLONASS、QZSS、SBASの各種衛星測位システムに対応する。世界最小クラスのサイズながらも高精度・高安定の周波数(10MHz)とタイムパルス(1PPS)を出力する「GF-8701」(TCXO搭載モデル)と「GF-8702/8703」(OCXO搭載モデル)、低位相雑音とホールドオーバ状態で業界最高レベルの周波数・タイムパルス性能を実現する「GF-8704/8705」(OCXO搭載モデル)をラインナップする。全モデル、無線通信やネットワーク通信、放送のマスタークロックに加え、原子発振器の置き換え用途にも適している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集