古野電気、無人運航船の実証実験に参画---日本財団、2025年までの実用化めざす

古野電気は、日本財団が主催する「無人運航船の実証実験にかかる技術開発共同プログラム」に参画し、契約を締結した。古野電気が6月15日に発表した。

日本財団のプログラムは、2025年までに世界初となる無人運航船の実用化にむけて、実施される。日本財団の助成金による支援のもとで、国内各分野の企業が協力して実証実験を行なう。

古野電気は、本プログラムに採択された2つのコンソーシアム(「無人運航船の未来創造~多様な専門家で描くグランドデザイン~」および「内航コンテナ船とカーフェリーに拠る無人化技術実証実験」)のメンバーとして、プログラムに参画する。

「無人運航船の未来創造~多様な専門家で描くグランド・デザイン~」は、東京湾~北海道苫小牧間を運航するコンテナ船を実験船とし、無人運航船が支える新時代の国内物流社会の実現を目標とする。日本海洋科学ほか21社の、自動運航船分野ですでに実績を有する多彩な専門家集団によるオープンコラボレーションで取り組む。

「スマートフェリーの開発」は三菱造船と新日本海フェリーからなるコンソーシアムによるプロジェクトだ。大型内航フェリーの実航海において、離着岸を含む無人運航の実証に加え、将来の機関部故障予知実現に向けて監視強化の効果を確認する。

古野電気は、船舶用レーダーや無線通信装置の開発で培った技術・ノウハウを活かし、この分野での技術開発に取り組む。これまで古野電気は、無人運航船の実現に向けて、独自のセンサー技術を生かした「周囲状況把握(認知)」、「周囲状況把握の結果に基づいた避航操船(判断)」などの研究開発に取り組んでいる。

《高木啓》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース