【東京オートサロン15】サイドストライプが特徴、レカロのフルカラーレザーシート

自動車 ビジネス 国内マーケット

レカロが東京オートサロン2015で初披露した「Sportster leather Special Edition」は、ファスナーのストライプがワンポイント
  • レカロが東京オートサロン2015で初披露した「Sportster leather Special Edition」は、ファスナーのストライプがワンポイント
  • 多くの人でにぎわうレカロブース(東京オートサロン2015/幕張メッセ)
  • レカロが東京オートサロン2015で初披露した「Sportster leather Special Edition」は、ファスナーのストライプがワンポイント
  • レカロが東京オートサロン2015で初披露した「Sportster leather Special Edition」は、ファスナーのストライプがワンポイント
  • レカロが東京オートサロン2015で初披露した「Sportster leather Special Edition」は、ファスナーのストライプがワンポイント
  • レカロが東京オートサロン2015で初披露した「Sportster leather Special Edition」は、ファスナーのストライプがワンポイント
  • レカロが東京オートサロン2015で初披露した「Sportster leather Special Edition」は、ファスナーのストライプがワンポイント
  • 多くの人でにぎわうレカロブース(東京オートサロン2015/幕張メッセ)
世界初のスポーツシート発売から50年目を迎えたレカロ(RECARO)は、「東京オートサロン2015」で新バリエーション「Sportster leather Special Edition」を初披露。シンプルでエレガントなフルカラーレザー特別モデルの座り心地をいち早く体感できるスペースを用意した。

フルカラーのレザーをまとったこの2015年モデルの最大の特徴は、バックレストのサイドサポート部にあしらわれたストライプ。このライン、実はファスナーになっていて、「機能としてではなく、デザインとしてシートに溶け込ませている」とスタッフは話していた。

このSportster leather Special Editionでは、Sportsterシリーズで培われた樹脂一体成形のバックレスト・シートクッションと、高密度・高品質なウレタンパッドを組み合わせることで、薄くて強いフォルム、快適で疲れにくい着座性能を実現させたという。

また同社ブースには、2014年12月にデビューした「Sportster Limited Edition」のコーナーも設けられていた。縦にストライプのラインがあしらわれた、この取扱店限定モデルの価格は29万4408円。

同社スタッフは「エッジの効いたスポーティなデザインとストライプは、ポルシェやBMW、ミニといった輸入車のスポーツパッケージに多く見られるストライプともうまくマッチする」と話していた。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集