鈴木亜久里「琢磨がインディから帰ったらGTやろう!」…F1写真展イベントで

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

タキシードで登場した鈴木亜久里と佐藤琢磨。「日本では初めて着たかも」と佐藤(2015年1月9日 西武渋谷店「F1 ART SCENE 写真展」イベント)
  • タキシードで登場した鈴木亜久里と佐藤琢磨。「日本では初めて着たかも」と佐藤(2015年1月9日 西武渋谷店「F1 ART SCENE 写真展」イベント)
  • (2015年1月9日 西武渋谷店「F1 ART SCENE 写真展」イベント)
  • (2015年1月9日 西武渋谷店「F1 ART SCENE 写真展」イベント)
  • (2015年1月9日 西武渋谷店「F1 ART SCENE 写真展」イベント)
  • (2015年1月9日 西武渋谷店「F1 ART SCENE 写真展」イベント)
  • (2015年1月9日 西武渋谷店「F1 ART SCENE 写真展」イベント)
  • (2015年1月9日 西武渋谷店「F1 ART SCENE 写真展」イベント)
  • (2015年1月9日 西武渋谷店「F1 ART SCENE 写真展」イベント)
西武・そごうは1月8日、西武渋谷店で開催中の「F1 ART SCENE 写真展」で、元F1レーサーの鈴木亜久里、レーシングドライバーの佐藤琢磨のトークショーを実施。会場では、F1、インディ、GTと、世界を転戦する2人の“ぶっちゃけトーク”が展開された。

ともに日本GPでポイントを獲得し、かつて同じチームでオーナーとドライバーという関係があった2人はタキシード姿で登場。「また挑戦する二人に期待している」とMCが伝えると、「無理、絶対に無理」と鈴木。2人の軽快なトークが続いた。

「次は琢磨だね。琢磨がチームリーダーになってがんばってほしい」(鈴木)
「いやいやいや、亜久里さんが会長として後ろにいてくれれば…。じゃあ、いっしょに頭下げに行きましょう。ホンダに!」(佐藤)
「オレ、青山通ると(ホンダ本社の前で)いっつも頭下げてるから」(鈴木)

今年の抱負について聞かれ、佐藤が「来月からまたレースが始まる。18戦、しっかり走っていきます。昨年はギリギリのところで優勝できなかったんで、今年こそは優勝を目指してがんばりたい。最高のリザルトを残したいですね」と語ると、鈴木は「(琢磨は)もう38歳になったっていうけど、『勝つまでやります』っていうから、みんな応援しに行ってほしい」とエール。さらにこんな掛け合いで来場者を笑わせた。

「チャレンジはもう…。オレ不摂生してるから、無理だね」(鈴木)
「亜久里さんだったらまだまだいけますよ、インディ」(佐藤)
「よし、じゃあ琢磨がインディから帰ってきたらいっしょにGTやろう!」(鈴木)

1月18日まで開催されている同写真展は、F1グランプリをニュースや報道としてではなく、アートとしてとらえるフォトグラファー集団「Team ZEROBORDER」の協力を得て実現。1964年のホンダ初参戦から2014年の闘いまで、新旧のF1世界が描かれている。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集