【CES15】BMW、新コンセプトカーを予告…最新レーザーライト技術を搭載

自動車 ニューモデル モーターショー

BMW i8の市販モデル
  • BMW i8の市販モデル
ドイツの高級車メーカー、BMWは2015年1月5日(日本時間1月6日未明)、米国ラスベガスで開幕する「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)15」において、新たなコンセプトカーを初公開する。

毎年1月に開催されるCESには、世界中から家電、コンピューター、オーディオメーカーなどが参加。新製品や最新テクノロジーを披露する世界最大規模の見本市がCES。

BMWがCES15で初公開するコンセプトカーは、現時点では車名を含めて、詳細は公表されていない。ただし、将来のヘッドライト技術を搭載した1台。BMWが『i8』に導入した最新ヘッドライトテクノロジー、「レーザーライト」の進化形を提示する。

この技術は、「インテリジェント・レーザー・ライティング」と命名。カメラやセンサー、ドライバー・アシスタンス・システムなどと連携可能なレーザーライトとなる。

なお、BMWはCES15において、「OLED」テクノロジーの最新版も初公開する予定。OLEDとは、オーガニック・ライト・エミッティング・ダイオードの略。このOLEDは、2014年のコンセプトカー、BMW『ビジョン・フューチャー・ラグジュアリー』のテールライトに採用済み。厚さ1.4mmの薄型設計が特徴になる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集