【マツダ アテンザ 改良新型】表情と性能を一新…ディーゼルに4WDを追加[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

マツダ アテンザ 改良新型
  • マツダ アテンザ 改良新型
  • マツダ アテンザ 改良新型
  • マツダ アテンザ 改良新型
  • マツダ アテンザ 改良新型
  • マツダ アテンザ 改良新型
  • マツダ アテンザ 改良新型
  • マツダ アテンザ 改良新型
  • マツダ アテンザ 改良新型
マツダは、フラッグシップセダンの『アテンザ』を大幅改良し、2015年1月7日より発売する。ディーゼルモデルには、4WDも追加設定した。

今回のアップデートに伴い、エクステリアとインテリアデザイン、先進安全技術、走行性能を向上させた。エクステリアでは、フロントグリル、ヘッドライト、フォグランプ周り、テールランプのデザインを一新。インテリアでは、『アクセラ』で登場したマツダコネクトの他、アクティブドライビングディスプレーや電動パーキングスイッチを追加している。

先進安全技術「i-ACTIVSENSE」の中でも特にドライバーの認知支援を強化した。国内メーカー初となるLEDアレイ方式グレアフリー(防眩)ハイ ビームを備えた新世代ヘッドライトシステム「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」を搭載。また、従来の「リア・ビークル・モニタリングシステ ム(RVM)」の検知範囲を広げ、側方から接近する車両も検知する「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」、後退時に接近する車両を検知して警 告する「リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)」機能を採用した。
《太宰吉崇》

編集部おすすめのニュース

特集