【デトロイトモーターショー15】BMW M6 に改良新型…560psの4.4リットルV8ツインターボ継続

自動車 ニューモデル 新型車
BMW M6 クーペ 改良新型
  • BMW M6 クーペ 改良新型
  • BMW M6 クーペ 改良新型
  • BMW M6 クーペ 改良新型
  • BMW M6 クーペ 改良新型
  • BMW M6 クーペ 改良新型
  • BMW M6 クーペ 改良新型
  • BMW M6 クーペ 改良新型
  • BMW M6 クーペ 改良新型
ドイツの高級車メーカー、BMWは12月12日、『M6』の改良新型の概要を明らかにした。実車は2015年1月、米国で開催されるデトロイトモーターショー15で初公開される。

現行のM6は2012年3月、ジュネーブモーターショー12において、まずは2ドアクーペがデビュー。同年4月、ニューヨークモーターショー12では、オープンカーの『M6カブリオレ』を追加した。さらに、2013年1月、デトロイトモーターショー13では4ドアクーペ、『M6グランクーペ』を発表し、ラインナップが完結。

デトロイトモーターショー15で初公開されるのは、現行M6にとって、初の大幅改良車。2ドアクーペ、カブリオレ、4ドアクーペの3ボディを、同時発表している。

改良の内容は、ベース車両の『6シリーズ』に準じる。外観は、キドニーグリルと前後バンパーのデザインを変更。ヘッドライトは新開発のLEDとした。19インチ、M6グランクーペでは20インチのアルミホイールも、新デザイン。室内は、一部の素材を見直し、さらなる高級感を追求する。

エンジンに変更はない。4.4リットルV型8気筒ガソリンエンジンは、2個のターボで過給。最大出力560ps、最大トルク69.3kgmを引き出す。0-100km/h加速は4.2-4.3秒、最高速は250km/h(リミッター作動)。カブリオレを除いて、カーボンファイバー製ルーフも継続採用されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集