【ニューヨークモーターショー15】サイオン、2車種を 初公開へ…1台はトヨタ オーリス ベース

自動車 ニューモデル 新型車
サイオン iMコンセプト(ロサンゼルスモーターショー14)
  • サイオン iMコンセプト(ロサンゼルスモーターショー14)
  • サイオン iMコンセプト(ロサンゼルスモーターショー14)
  • サイオン FR-S(参考画像)

2015年春、米国で開催されるニューヨークモーターショー15。同ショーにおいて、トヨタ自動車の米国の若者向けブランド、サイオンが新型2車種を初公開することが分かった。

これは11月下旬、ロサンゼルスモーターショー14において、サイオンブランド担当のDoug Murtha副社長が明らかにしたもの。同副社長は、「ニューヨークモーターショー15で、新型2車種をデビューさせる」と宣言している。

サイオンはロサンゼルスモーターショー14で、『iMコンセプト』を初公開。iMコンセプトは、トヨタ『オーリス』のサイオン版を示唆したコンセプトカー。サイオンはiMコンセプトの市販モデルを、2015年に米国市場に導入すると発表済み。ニューヨークモーターショー15で初公開される1台は、この「サイオン版オーリス」となる。

ニューヨークモーターショー15でデビューするもう1台の初公開車に関しては、現時点では公表されていない。ただし、サイオンは、車種ラインナップを拡大し、若い顧客へのアピールを強める方針。

サイオンブランド担当のDoug Murtha副社長は、「今後3年間で、新型3車種を投入する計画。ニューヨークモーターショー15の2台は、まさにサイオンの始まり」と語っている。

《森脇稔》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集