PSA プジョーシトロエン、カザフスタンでの生産を強化

自動車 ビジネス 企業動向
プジョーの新型コンパクトセダン、301
  • プジョーの新型コンパクトセダン、301
  • プジョーの新型コンパクトセダン、301
  • プジョーの新型コンパクトセダン、301
フランスの自動車大手、PSAプジョーシトロエンは12月5日、Allur グループとの間で、カザフスタンで完成車のノックダウン生産を行うことで合意した、と発表した。

PSAプジョーシトロエンは2013年3月、Allur グループ傘下のアグロマッシュホールディング社との間で、カザフスタンにおけるプジョー車の組み立てと販売に関する契約を締結。2013年9月から、プジョー車のカザフスタン現地生産を開始した。生産車種は乗用車とLCV(軽商用車)で、プジョー『301』、『3008』、『508』、『パートナー』を組み立てている。

今回の合意は、これに続く形。PSAプジョーシトロエンとAllur グループは、カザフスタンにおける現地生産の強化に乗り出す。

合意の内容は、Allur グループの工場において、2016年9月からプジョー301を生産。2017年には、年産台数およそ1万2000台を見込み、将来的には、1万7000台への拡大を目指す。

カザフスタンの自動車市場は、ここ数年、急成長中。2011年の年間販売は4万5000台に過ぎなかったが、2013年には3倍の16万6000台に増加。2015年には、年間20万台に届くと見込まれている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース