ガーミン、防犯機能と安全運転支援機能搭載の新型ドライブレコーダーを発売

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
ガーミン・GDR45DJ
  • ガーミン・GDR45DJ
  • ガーミン・GDR45DJ
  • ガーミン・GDR45DJ
  • ガーミン・GDR45DJ
  • ガーミン・GDR45DJ
米ガーミン社正規代理店のいいよねっとは、安全機能付きフルスペック・ドライビングレコーダー「GDR45DJ」を12月15日に発売する。

GDR45DJは、GPS機能搭載の前後2画面同時録画モデル「GDR35D」の後継機モデル。新製品では視野角を110度から132度(対角)にアップさせたほか、防犯機能と安全運転支援機能を追加した。

防犯機能(動態検知パーキングモード)はエンジンを停止した後も監視を続け、撮影範囲内の動きを検知。動きを検知すると、自動的に該当箇所の映像を保護。検知したタイミングより前後30秒(前10秒/後20秒)のファイルを記録する。

安全運転支援機能は、設定スピード以上の速度に達すると、自動で起動する車線逸脱警告(LDWS)と前方衝突警告(FCWS)をサポート。LDWSは道路上の車線を感知し、車両が車線を逸脱することを予測してドライバーに警告する。またFCWSは、走行中に同一車線上の車両を検知し、前方の車両と接近すると車間距離が適正に保たれるようアラートで通知する。

搭載ディスプレイは2.4インチカラーTFT液晶。記録動画サイズは720pDual(前後録画時)/1080p(フロントのみ)、静止画は最大200万画素/180万画素(前後撮影時)。価格はオープン。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集