【ロサンゼルスモーターショー14】クライスラー 300 / 300C に2015年型…表情チェンジ

自動車 ニューモデル モーターショー
クライスラー 300C の2015年型
  • クライスラー 300C の2015年型
  • クライスラー 300C の2015年型
  • クライスラー 300C の2015年型
  • クライスラー 300C の2015年型
  • クライスラー 300C の2015年型
  • クライスラー 300C の2015年型
  • クライスラー 300C の2015年型
  • クライスラー 300C の2015年型
米国の自動車大手、クライスラーグループのクライスラーブランドは11月19日(日本時間11月20日)、米国で開催中のロサンゼルスモーターショー14において、『300』/『300C』の2015年モデルを初公開した。

現行クライスラー300/300Cは2011年、2代目モデルとして登場。ロサンゼルスモーターショー14で初公開された2015年型は、現行型のデビューから3年を経て、初の大幅改良を受けたモデル。内外装のリファインが改良の中心となる。

外観は、フロントグリルを大型化。新デザインのヘッドライトとの相乗効果で、新鮮さを醸し出す。バンパーも新デザイン。室内は、ダッシュボード中央のモニターを新デザインに変更。各部の素材の見直しにより、質感も引き上げられた。

エンジンは、3.6リットルV型6気筒ガソリン「ペンタスター」が標準。300では、最大出力292hp、最大トルク36kgmを発生する。300Sは高出力版となり、最大出力300hp、最大トルク36.5kgmを引き出す。

さらなる高性能を求める顧客には、5.7リットルV型8気筒ガソリン「HEMI」を用意。最大出力363hp、最大トルク54.5kgmを発生する。V8には、巡航時などの低負荷走行の際、8気筒の半分の4気筒を停止する気筒休止システムを採用している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集