マツダ、タイに新エンジン工場建設…SKYACTIV搭載車を現地生産

自動車 ビジネス 企業動向

SKYACTIV-Dエンジン
  • SKYACTIV-Dエンジン
  • 新型Mazda2
マツダは11月6日、タイ・チョンブリ県にエンジン工場を建設すると発表した。新工場では、タイ市場向けの新型『Mazda2』に搭載する「SKYACTIV-D1.5」を2015年第4四半期から生産開始する計画だ。

マツダは2014年2月、同国のエコカー優遇制度(第2期)に新型Mazda2を申請。今回タイ政府から認可を受けたことを受け、新エンジン工場を建設する。また、タイ市場向けの新型Mazda2の生産を、マツダの車両生産拠点であるオートアライアンス(タイランド)にて、10月27日より開始した。

マツダは2016年3月期のグローバル販売台数目標のうち、「SKYACTIV技術」搭載車の比率を85%まで引き上げる計画を掲げている。タイではASEAN地域におけるパワートレイン生産拠点として、マツダパワートレインマニュファクチャリング(タイランド)の新トランスミッション工場をすでに完成させており、2015年1月の稼働に向けて準備を進めている。新エンジン工場はこの新トランスミッション工場の隣接地に併設。これにより、タイにおいても「SKYACTIV技術」搭載車の一貫した現地生産が可能となる。

新エンジン工場は、年間生産能力3万台のエンジン組立工場からスタートし、その後エコカー優遇制度(第2期)の要件に合わせて、エンジン機械加工工場の建設や生産能力を増強していく予定。なお、SKYACTIVエンジンの生産は、日本の本社工場、中国の長安フォードマツダエンジン、メキシコのマツダデメヒコビークルオペレーションに続いて、タイが4拠点目となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集