インド、クリーンエネルギー開発費で世界第4位に…1位は中国

エマージング・マーケット インド・南アジア

55ヶ国のクリーンエネルギー開発国を対象に行われた調査で、インドが世界第4位になったと、エコノミックタイムスが伝えた。

この調査は米州開発銀行によって行われたもので、中国が1位、ブラジルが2位と発表された。

中国は最大の風力発電所とソーラー発電施設を有し、これらの設備の需要も世界で最も高いと報告されている。

インドでは電力の需要の急速な高まりに伴い、再生可能な資源の利用と化石燃料の枯渇に備え、クリーンエネルギー開発分野の成長を促している。

とはいえ2013年時点では、まだ石炭による火力発電が国内の電力の71%を占めており、クリーンエネルギーは14%の容量がありながら実際の電力量は5.5%にとどまった。
編集部

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品