【SEMAショー14】トヨタのミニバン、シエナ が移動DJブースに…ルーフから巨大モニター出現

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ シエナ リミックス
  • トヨタ シエナ リミックス
  • トヨタ シエナ リミックス
  • トヨタ シエナ リミックス
  • トヨタ シエナ リミックス
  • トヨタ シエナ リミックス
  • トヨタ シエナ リミックス
  • トヨタ シエナ リミックス
  • トヨタ シエナ リミックス
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は10月27日、米国ラスベガスで11月に開催されるSEMAショー14において、『シエナ』のカスタマイズカー、「リミックス」を初公開すると発表した。

シエナは、トヨタの北米向けミニバン。現行モデルは3代目で2009年秋、ロサンゼルスモーターショー09で発表された。車台は『カムリ』がベースで、駆動方式はFFが基本。ボディサイズは、全長5085×全幅1986×全高1750mm、ホイールベース3030mmの堂々サイズで、日本向けの『アルファード』よりも、ひと回り大きい。

室内は、2列目シートがキャプテンかベンチかの違いで、7名乗りと8名乗りを設定。搭載エンジンはガソリンのみで、3.5リットルV型6気筒(最大出力266ps)と2.7リットル直列4気筒(最大出力187ps)の2ユニットを設定する。2014年7月には、デビュー5年を経て、外観を中心にイメージチェンジした2015年モデルを発表している。

SEMAショー14で初公開されるシエナのリミックスは、2015年型シエナをベースに、移動DJブースを提案したカスタマイズカー。米国西海岸の人気カスタマイズカーショップ、「ウエストコーストカスタム」と協力。北米で放送している通信衛星を使用したデジタルラジオ、「シリウスXM」ともコラボレーションした。

シエナのリミックスでは、移動DJのコンセプトらしく、ルーフから40インチのモニター2個と、12インチのサブウーハー4個、スピーカー16個、LEDバーがポップアップ。室内には、DJブース、スピーカー8個、アンプ5個、イコライザー2個などが設置された。リアゲートは、跳ね上げ式から、後方へスライドする方式に変更されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集