【トヨタ エスクァイア 発表】むやみに飾り立てないモダンな空間に「最もこだわった」…水澗チーフエンジニア

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ エスクァイア ハイブリッド
  • トヨタ エスクァイア ハイブリッド
  • トヨタ エスクァイア ハイブリッド
  • トヨタ エスクァイア ハイブリッド
  • トヨタ エスクァイア ハイブリッド
  • トヨタ エスクァイア
  • トヨタ エスクァイア
  • トヨタ エスクァイア
  • トヨタ エスクァイア
トヨタ自動車は10月29日、新型コンパクトミニバン『エスクァイア』を発売した。水澗英紀(みずま・ひでのり)チーフエンジニアは「全く新たな価値を持つ車を目指して開発にチャレンジした」とした上で、「この車のコンセプトを表現するために内装に最もこだわった」と明かした。

水澗チーフエンジニアは同日都内で開いた発表会で内装について「むやみに飾り立てるのではなく、トータルなコーディネートで良質でセンスの良いモダンリビングを目指した」と述べた。

具体的には「内装色に赤味と茶色のバランスにこだわった質感の高いバーガンディを設定し、インパネからドアトリムへ続く合皮巻きオーナメントやシートに配色した。さらに助手席大型オープントレイとドアトリムの上部には金属調加飾とアクセントステッチを施し、モダンで上質な空間を演出した」と説明。

さらに「ステアリングホイールにはなめらかな手触りの本革巻き。シフトノブとともに黒木目加飾を施し上質な室内と調和するデザインにした。さらにセンタークラスターにはピアノブラックを配し、上質感を高めている。メーターは金属調加飾を施した3眼のメーターリングと、立体的な文字目盛によりモダンさと上質さを表現した。シートはドット穴から色目を見せる繊細な表現を取り入れた上質な合皮を採用し、質感の高い見栄えと座り心地を実現した」とも語っていた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集