【WTCC 日本ラウンド】シトロエンのロペス選手、年間王者に決定[写真蔵]

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)日本ラウンド(鈴鹿サーキット)
  • FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)日本ラウンド(鈴鹿サーキット)
  • FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)日本ラウンド(鈴鹿サーキット)
  • FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)日本ラウンド(鈴鹿サーキット)
  • FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)日本ラウンド(鈴鹿サーキット)
  • FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)日本ラウンド(鈴鹿サーキット)
  • FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)日本ラウンド(鈴鹿サーキット)
  • FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)日本ラウンド(鈴鹿サーキット)
  • FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)日本ラウンド(鈴鹿サーキット)
10月25日、26日、三重県・鈴鹿サーキットでFIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)日本ラウンドが開催された。決勝では、レース1はシトロエンのホセ・マリア・ロペス(Jose Maria Lopez)選手が優勝。レース2はホンダのタルキーニ・ガブリエル(Tarquini Gabriele)選手が制した。レース1勝者のロペス選手は今季9勝を挙げ、ワールドタイトルを獲得した。

レース1は、ロペス選手のポールポジションで開始。4周目にファステストタイムを叩き出し、5周目にそれを更新。その後最後までトップを守り、ポール・トゥ・ウィンを決めた。ロペス選手はレース後「今日は重圧にもかかわらずリラックスしてレースに臨んだ。ここ(鈴鹿)での優勝には意味がある。なぜならアイルトン・セナが2度優勝している場所だからだ」とコメントしている。

レース2は、タルキーニ選手がポールスタート。2位以下は接触や激しい順位争いが行なわれるが、それがかえってタルキーニ選手に独走を許し、そのままポール・トゥ・ウィンを飾った。タルキーニ選手はレース後「鈴鹿は勝つのに最高の場所だ。ホンダファンの喜びの顔を見れたのは嬉しかった。今日は、良いスタートを決めたら序盤に引き離して差をつけ、そのままキープするという戦略。完璧に上手くいった」とコメントした。

◆WTCC 2014 ドライバーズチャンピオンシップ
1位:Jose Maria Lopez(シトロエン)…422pt
2位:Yvan Muller(シトロエン)…305pt
3位:Sebastian Loeb(シトロエン)…275pt
4位:Tiago Monteiro(ホンダ)…174pt
5位:Noebert Michelisz(ホンダ)…169pt
6位:Tarquini Gabriele(ホンダ)…167pt
7位:Tom Coronel(シボレー)…148pt
8位:Tom Chilton(シボレー)…144pt
9位:Gianni Morbidelli(シボレー)…108pt
10位:Mehdi Bennani(ホンダ)…85pt
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集