JAL、北海道エアシステムを子会社化…出資比率を51.2%に引き上げ

航空 企業動向

日本航空(JAL)は、北海道エアシステム(HAC)の株式を追加取得して子会社化したと発表した。

JALはHACへの出資比率を14.5%から51.2%に引き上げ、HACをJALグループに組み込んだ。

HACは、札幌(丘珠)~利尻、函館~奥尻の離島路線を含む、北海道をベースにした定期便を運航している。

JALはHACをグループ化することで、JALが持つ販売チャンネルやノウハウを活用した販売促進、JALグループのコスト競争力を活用し、HACの経営力の強化を図る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集