中部国際空港、国際線が好調で航空機発着回数が1%増…2014年上半期

航空 企業動向

中部国際空港が発表した2014年度上半期(4-9月)の実績によると、航空機発着回数が前年同期比1%増の4万6772回だった。

国内線は旅客便の減少で、同2%減の2万9621回と前年割れとなったものの、国際線が同6%増の1万7151回と伸びた。

航空旅客人数は同1%増の507万1951人と前年を上回った。国内線が横ばいの277万9085人、国際線が同2%増の229万2866人だった。国際線の日本人は同4%減の144万0411人と低迷したが、外国人が同17%増の69万7819人だった。

貨物取扱量は国際線が同29%増の8万4425トン、国内線が同3%増の1万4795トンだった。

給油量は同11%増の30万2815キロリットルだった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集