トヨタ、トルコ工場に投資…生産能力引き上げへ

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタのトルコ工場
  • トヨタのトルコ工場
  • 生産開始から20周年を迎えたトヨタのトルコ工場
  • トヨタ、トルコ工場に投資…生産能力引き上げへ
  • トルコ工場
トヨタ自動車の欧州法人、トヨタ・モーター・ヨーロッパは10月15日、トルコの生産子会社、トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・トルコ(TMMT)に投資し、生産能力を引き上げると発表した。

トヨタがトルコで現地生産を開始したのは、1994年。ノックダウン方式での生産を開始したのが、最初だった。2000年には、トヨタ・モーター・ヨーロッパの生産子会社、TMMTに社名を変更する。

2002年には、海外向けの輸出を開始。同工場では現在、『カローラ』や小型MPVの『バーソ』を組み立てている。過去20年間の累計生産台数は、150万台以上。2013年には、新型カローラの生産を開始したばかり。

今回、トヨタ・モーター・ヨーロッパは、TMMTに投資し、生産能力を引き上げると発表。投資額や生産台数など、具体的な数字は公表されていない。現在、その内容を検討している段階だという。

トヨタ・モーター・ヨーロッパのDidier Leroy社長兼CEOは、「トルコ工場には競争力がある。だからこそ、近い将来、生産能力を引き上げることを決断した」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集