【リコール】ハーレー ストリートグライド など9車種、油圧クラッチに不具合

モーターサイクル 企業動向

ハーレー・ストリートグライド
  • ハーレー・ストリートグライド
  • 改善箇所
ハーレーダビッドソンジャパンは10月21日、『ストリートグライド』などのクラッチに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『ストリートグライド』『ウルトラ リミテッド』『エレクトラグライド ウルトラ クラシック』『CVO リミテッド』『CVO ロードキング』『CVO ソフテイル デラックス』『CVO ブレイクアウト』『トライグライド ウルトラ』『CVO ロードグライド カスタム』の9車種で、2013年5月8日~2014年8月21日に輸入された計2936台。

油圧式クラッチにおいて、ピストン製造時にシールに傷が入っているものがある。そのため、使用過程で傷が拡大して徐々に油圧が抜け、クラッチを切るための油圧を保持できなくなり、ギアを入れたまま停止すると、最悪の場合、車両がゆっくり動き出し、転倒するおそれがある。

全車両、当該ピストンを対策品に交換する。

不具合は8件発生、事故は起きていない。国内からの不具合情報および本国メーカーからの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集