NEC、Wi-Fiアクセスポイント付きLED照明を販売…シーサイドラインで実証実験

鉄道 企業動向

Wi-Fiアクセスポイント付LED照明(左:表面、右:裏面) ※LEDランプが3本の特注モデル
  • Wi-Fiアクセスポイント付LED照明(左:表面、右:裏面) ※LEDランプが3本の特注モデル
  • 駅構内設置イメージ
  • Wi-Fiアクセスポイント付LED照明による無線LAN構築
  • 実証実験予定の新杉田駅構内
 日本電気(NEC)は17日、Wi-Fiのアクセスポイントを容易に設置できる「Wi-Fiアクセスポイント付LED照明」の販売を開始した。アクセスポイント(AP)の電源や有線ネットワーク配線設備は不要となっている。

 新製品は、LED照明にAPを内蔵したもので、電源を照明用の配線から供給するとともに、APからWi-Fi基地局までの通信を無線でつなぐことが可能。これにより、初期導入費を7割~8割程度に抑えることができる見込みだ。また、緊急地震速報機器と連動させることで、照明が点滅・色変化して通知できるため、耳の不自由な人への告知なども可能だという。

 今回、新杉田駅と金沢八景駅を結ぶ横浜シーサイドラインにおいて、「Wi-Fiアクセスポイント付LED照明」を活用し、駅構内のWi-Fiネットワークを構築する実証実験を10月末より開始。主要駅のホームにおいて、職員がスマホやタブレットを活用し、時間や天候の変化における電波状態の確認を行う。

照明がそのままAPに……電源やネット配線が不要な「Wi-Fiアクセスポイント付LED照明」

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集