【BMW 2シリーズ アクティブ ツアラー 発表】全高を低く見せるための視覚効果

自動車 ニューモデル 新型車

BMW 2シリーズ アクティブ ツアラー
  • BMW 2シリーズ アクティブ ツアラー
  • BMW・2シリーズ アクティブ ツアラー
  • BMW 2シリーズ アクティブ ツアラー
  • BMW 2シリーズ アクティブ ツアラー
  • BMW・2シリーズ アクティブ ツアラー
  • BMW・2シリーズ アクティブ ツアラー
  • BMW・2シリーズ アクティブ ツアラー
  • BMW AG BMWエクステリア・クリエイティブ・ディレクターの永島譲二さんBMW 2シリーズ アクティブ ツアラー
BMW『2シリーズ アクティブ ツアラー』は、全高の高さを感じさせないようにデザインされているという。

その理由について、BMW AG BMWエクステリア・クリエイティブ・ディレクターの永島譲二さんは、「BMWらしいスポーティでプレミアムなデザインを表現したかったからだ」という。

「まずフロントを幅広く見せるということが即ち、全高を低く見せるということに結果的につながる。そこで、キドニーグリルのプロポーションはあまり高くせずに、しかし、幅は広く取った」と話す。

また、「そこからつながるヘッドランプも横長感を強調して、幅広くサイドにまで回り込ませた。つまり、対向車線からこのクルマが来た時に、幅広く視覚的に背が低く見えるようにしているのだ」と説明。

永島さんはこのフロントの表情について、「スポーティで力強い感じがこのクルマの走りのパワーと合致すると思うので、そうしたところも意識した。情感や、エモーショナルな感じが表現されていると思う」とコメントした。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集