ホンダ、小型ジェットエンジンで将来は世界シェア3分の1を

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダは10月16日に東京本社で小型ジェットエンジンの事業説明会を開き、将来はこのカテゴリーで世界の3分の1の占有率をめざす計画などを明らかにした。

ホンダは2015年の第1四半期に米国で、小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の型式認定を取得、同機の販売を開始する。搭載しているジェットエンジン「HF120」は、米GE(ゼネラルエレクトリック)と合弁で開発したもので、今後はエンジン単体での事業も強化する方針。すでに米シエラインダストリーズ社と中古機体にHF120を載せ換える事業の推進で合意しているという。

開発を担当する本田技術研究所取締役の藁谷篤邦・航空機エンジンR&Dセンター長は、エンジン単体の事業について「ホンダジェット向けと同等規模を確保したい。また将来は世界市場の3分の1程度をめざしていきたい」と述べた。ホンダジェットは、年100機~200機の販売を狙っていくという。

HF120クラスの小型ジェット機向けエンジンは現在、英ウィリアムズインターナショナル社と加プラット&ホイットニーカナダ社で分ける状況にある。ホンダはそこを三分するよう、シェアを確保する構えだ。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集