東京都の下水道テクノロジーが、マレーシアを安全・クリーンに変える

エマージング・マーケット 東南アジア

【マレーシア】東京都下水道局によると、住友商事とマレーシアの大規模インフラ業者MMCの共同事業体がマレーシアのエネルギー・環境技術・水省から、マレーシアのセランゴール州ランガット地区の下水道整備事業を受注した。契約額は約500億円。

 ランガット地区はクアラルンプールから約25キロ、面積約80平方キロ。共同事業体は同地区で下水処理場1カ所(計画下水量、日量約20万立方メートル)、管きょ延長約100キロ、ポンプ施設10カ所など下水道システム全体を設計から建設、維持管理まで一括して受注した。契約期間は2020年までの6年。

 東京都下水道局と東京都下水道サービスは共同事業体に対し、技術的な支援を行ってきた。

住商など、マレーシアで下水道受注 東京都下水道局が支援

《newsclip》

特集