ホンダ、発電機のエントリーモデルを発売…新型エンジン搭載で長時間連続運転を実現

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダ・スタンダード発電機 EP900
  • ホンダ・スタンダード発電機 EP900
  • ホンダ・スタンダード発電機 EP900
  • ホンダ・スタンダード発電機 EP900
  • ホンダ・スタンダード発電機 EP900
ホンダは、新開発の小型汎用エンジンを搭載したスタンダード発電機『EP900』を、12月5日より発売する。

EP900は、燃焼室内で燃料を均一に拡散することで高い燃焼効率を実現した、ペントルーフ型燃焼室採用の新型汎用OHVエンジン「GX80D」を搭載し、定格出力(負荷)時において優れた低燃費を実現。3.3リットルの大型燃料タンクの採用と相まって、連続運転可能時間は、Jタイプ(50Hz仕様)で6.1時間、Nタイプ(60Hz仕様)で5.1時間を実現している。

また、エンジン回転数の上昇を検知しエンジンの動作を適正に制御することで、電圧上昇から接続機器の保護をサポートする過回転防止システムを搭載。安心機能も充実させた。

価格は10万5840円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集