NEC、タイから香港まで延伸する光海底ケーブルを受注

船舶 企業動向

NECは、アジアから中東、アフリカを経由してヨーロッパを結ぶ大容量光海底ケーブル「AAE-1」のうち、タイから香港までを結ぶ海底ケーブル延伸の建設請負契約をAAE-1コンソーシアムから受注した。

今回建設する海底ケーブルは、アジア各国での経済成長を背景に、スマートフォンやタブレット端末の普及が進み、データ通信需要が高まっているのに応えるもの。アジア~ヨーロッパ間の「AAE-1」を、アジアにおける通信ハブの一つである香港まで延伸、ルートの途中でベトナムにも陸揚げされる。

これによってアジア域内とアジア域外への通信を高速・大容量化し通信インフラを高度化する

延長ケーブルは全長約2900kmで、毎秒100ギガビット(100Gbps)となる最新の光波長多重方式に対応する。延長ケーブルは、2016年末に稼働開始する予定。

NECは、過去30年以上、海底ケーブルシステム事業を手掛ける海底ケーブルのトップベンダーで、地球5周分のべ20万kmを超える敷設実績を持つ。特に日本を含むアジア・太平洋地域でシェアが高い。今回の受注は、これまでの納入実績に加え、最先端の技術力、プロジェクト遂行力が高く評価されたとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集