ボルボの新世代エンジン、「Drive-E」に高性能コンセプト…2.0リットルで450hp

自動車 ビジネス 企業動向

ボルボの新世代エンジン、「Drive-E」の高性能コンセプト
  • ボルボの新世代エンジン、「Drive-E」の高性能コンセプト
  • ボルボの新世代エンジン、「Drive-E」の高性能コンセプト
  • ボルボの新世代エンジン、「Drive-E」の高性能コンセプト
  • ボルボの新世代エンジン、「Drive-E」の高性能コンセプト
  • ボルボの新世代エンジン、「Drive-E」の高性能コンセプト
  • ボルボの新世代エンジン、「Drive-E」の高性能コンセプト
  • ボルボの新世代エンジン、「Drive-E」の高性能コンセプト
  • ボルボの新世代エンジン、「Drive-E」の高性能コンセプト
スウェーデンの高級車メーカー、ボルボカーズは10月7日、排気量2.0リットルで、最大出力が450hpという高性能エンジンのコンセプトを発表した。

このエンジンはボルボカーズの新世代エンジン、「Drive-E」をベースに開発。Drive-Eは4気筒のダウンサイジングユニットで、ガソリンとディーゼルがある。欧州では、2013年から市販車に導入されている。

このDrive-Eがダウンサイズしながらも、優れたドライビングプレジャーを提供できることを、ボルボカーズは、コンセプトエンジンで提示した。

Drive-E の2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンは、2個のターボチャージャーで過給。さらに、コンセプトエンジンでは、電動ターボが追加され、トリプル過給となる。これにより、最大出力は、少なくとも450hpを発生する。

ボルボカーグループの研究開発担当、ピーター・メルテンス上級副社長は、「Drive-Eの投入に際して、環境性能やパフォーマンスの面で、最も先進の4気筒エンジンを目指した。450hpのコンセプトエンジンは、Drive-Eの柔軟性を示すもの」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集